私は何年もの間、アクセス・コンシャスネス®の創始者である義父ゲイリー・ダグラスの「具現化の素晴らしさを完全に身につけるまでは、輪廻転生について本当に選択の余地はない」という言葉を聞いていました。体現することの素晴らしさとは何だろう、と私は考えたり考えたりします。

それまでは自分の体をこんなに楽しんだことはありませんでした。感謝することはほとんどありませんでした。過去の自分の写真を見て、「わあ、あの頃思っていたよりずっと良く見えた」と思ったら、今の自分の体を大切にするという選択をして、その状態を見逃さないようにするのです。すごい、とにかく自分の体についてあまりそう感じていないだけではないでしょうか?

そして、痛みもすべてあります。Access 3 Day Body Classesに参加して自分で指導するようになって初めて、身体を持つことが楽しいことだと理解し始めました。Access Hands-On Body Processes のおかげで、今までに考えもしなかった身体とのつながりと喜びを得られるようになりました。

私は、自分の体がこれまで、そして今も、そして自分の体で経験しているすべての「痛み」が私の体によるものではないことをどれほど認識し始めました。それは、地球を含む他の天体に対する私の体の認識でした。それから私は、「自分の体がどの程度認識されているかを知りたいと思うだろうか?」と問い始めました。

通りを歩くたびに、自分の体と存在が感じている意識の強さが私には多すぎるように思えました。そこで私は、人の近くにいるのを避けたり、過食したり、自分や自分の体の意識に障壁を設けたりして、意識を遮断しようと「試み」ましたが、もちろん、これは結果的にさらに傷つきました。それである日、私はこう言いました。私は意識に別の可能性を示す機会を与えます。他に何かあるはずだ、必ずあるはずだ。」すると、少しずつ体が楽になってきました。私はまだ周囲のすべての体の痛みや苦しみに気づいていましたが、以前ほどの影響はありませんでした。以前はブロックと密度しかなかったお腹から、爆発的で恍惚とした快感が湧き出てくるのを感じ始めました。

私はアクセスボディプロセスを使用し続け、体を持つことを選択しました(ああ!実際に体を持つことを選択すると、体が幸せになると言いましたか?)、自分の体が喜ぶことにどれだけのエネルギーを費やしてきたかに気づきました。これは基本的に身体を持った他のすべての人から教えられた行動であることに気づきました。地球上の12歳以上のほぼ全員が、自分の体が持つ楽しみや喜びを意図的に制限しています。クレイジー!

もし誰もが自分の体を批判したり罰したりして排除するのではなく、自分の体を愛し、気遣いながら、自分の体を楽しみながら歩き回っていたら、私たちの世界はどうなっているでしょうか?まったく違う世界ですね!

あなたはその美しい体でどんな世界に住んでみたいですか?

私たちが自分の体の知性と意識を尊重し、尊重する世界はどのようなものでしょうか?

遺体が全面的に尊重される世界はどのようなものでしょうか?

ぜひ調べてみてください…………………………

意識的な具現化について詳しく知るには、 シャノン・オハラ 世界中の彼女のボディクラスにぜひお越しください。
ここをクリック もっと詳しく知るために